色: 

明るいオレンジ色

香り:

バルバドス10年と比べ、12年の方が香りがハッキリと立っている。バナナや干し草、ハーブなどの香りの後に、バニラ香が感じられ、ミントアイスのような爽やかな香りもある。

味:

味は優しく甘く、オレンジやパイナップルの香りを伴いつつ、ミルクキャラメルのような甘さの中に少々のハーブを感じる。

フィニッシュ: 

甘さは背後に隠れ、フレッシュなミントのようなアロマに包まれる。余韻の中にミントやアーモンドの香りも感じられる。

コメント: 

バルバドス10年より、更にリッチで甘く濃いが、酒質はスマート。ラグジュアリーなブックスタイルの箱に入ったスペシャルデキャンタ。

戻る

↓シェアする↓

    

Appearance 

Bright orange.

Nose:

Like the 10yo but sweeter nd more intense: in addition to the hay and herbs, a note of vanila can be felt. The refreshing character is akin to milk&mint ice cram.

Palate:

It taste sweeter too, with aniseed and orange blossom notes, while retaining the minty and herbal freshness so typical of Barbados rum.

Finish: 

Sweeter takes a back place, and like in the younger bottling the dominating note is the aromatic fressness of mint..

Comment: 

Richer, sweeter, thicker, more complex than its younger brother, but the character is similar. Presented in a special decanter encased in a luxury book-shaped gift box.