色:

やや赤みがかったアンバー

香り:

豊かでフルーティーな香り。オレンジや青リンゴを感じるような甘く爽やかな香りの後に、赤ワインのニュアンスや、若干の焦がした樽香も感じられる。

味:

柔らかな口当たり。カシスや黒蜜を思わせる甘みから、コーヒーやカカオ、ハーブなどへと複雑に変化していく。酒質はとてもスマートでマイルド。

フィニッシュ: 

ソフトな後味だが余韻は長い。余韻の中にクルミ、ナッツのような芳ばしさが続く。鼻に残る香りにはシナモンや干しイチジクを感じる。

コメント: 

長期熟成のデメラララムと言われてイメージするものより、もっとソフトでエレガント。オロロソシェリーの香りが顕著でオールドスペイサイドウイスキーを思わせる。

戻る

↓シェアする↓

    

Appearance:

Warm amber.

Nose:

Somehow similar in the intensitz to extra old Jamaican rums, then it becomes more winey, rich with dried grapes and musk notes. Sweet and deep.

Palate:

Elegant softness and chewy character. Medicinal herbs, coffee, cinchona, cola and cinnamon. Not overly sweet, thanks to the rich winey notes from the sherry.

Finish: 

Warm, soft aftertaste, with winey and spicy notesand a fragrance like dried figs. This release too has echoes of Barolo Chinato or mulled wine.

Comment: 

Even softer and more elegant than 1989-2012 release, with more marked oloroso sherry notes: it is very reminiscent of old Speyside Whiskies.