色:

強く明るいアンバー

香り:

ソフトではあるが深い香り。レーズンやコーヒー、バニラ、少しだけ赤ワインのニュアンスもある。

味:

とても甘口なラム。甘味の中にビター感やスパイシー感もバランスよく見え隠れする。メープルシロップ、プルーン、栗、少々のバニラも感じられる。

フィニッシュ: 

徐々にブラックペッパー感が強くなり、シナモンやタバコのような風味も少しある。最後にはモラセスの風味も出てくる。

コメント: 

以前のリリースよりも更にソフトで繊細。非常に甘口なラムだが飲みやすい。パナマのブレンダーの完璧なカスクヴァッティングに感謝。

戻る

↓シェアする↓

    

Appearance:

Intense and bright amber.

Nose:

Soft, deep, warm but not exceedingly buttery. Sun-dried raisins, dates coffee and a winey touch.

Palate:

Very sweet but well balanced by the tannic and balsamic influance of the oak. Intense, aromatic, rich on liquorice, chestnuts, dried plums and the typicalnote of molasses, with a touch of vanilla.

Finish: 

Getting spicier and spicier: black pepper, a hint of cinnamon and beewax. Red Virginia tobacco. In the end though the sugarcane molasses win.

Comment: 

Even softer and more caressing than previous releases, thanks to the perfect vatting of casks selected by the Cuban masters working in Panama.